注文住宅の概要

木造

注文住宅とは、建売の住宅を購入するのではなく、間取りや内装、外装などを決めて作る住宅の事です。
自由に決められることが多いので、建売住宅とは違い、自分の好みの住宅を手に入れることができるのです。
注文住宅を作る際は、建築士や専門の住宅建築会社に依頼して設計していきます。
その際に自分の希望を伝え、様々な費用を抑えることができるのです。

注文住宅の最大のメリットは自由度が非常に高いという点です。
自分で住宅に関する様々な要素を決めることができるので、費用を抑えたローコスト住宅なども作ることが可能です。
建売の住宅を購入しても、自分の好みに合う住宅を見つけることができるかもしれませんが、探すのに時間がかかってしまいます。
しかし、注文住宅は完全オーダーメイドで住宅を建築するので、法律の範囲内で様々な要素を取り入れることができるのです。
例えば、庭を広くしたい、バリアフリー化したい、広いリビングがほしいなどの要望も全て叶えることが出来ます。

注文住宅は、自分で色々決めることができるので、予算を調整することが出来ます。
住宅を建てるときに一番費用がかかるのが、建築資材です。
建築資材とは、住宅を建てる際に必要なあらゆる材料の事です。
建築をお願いする会社が手に入れやすい建築資材を使用することにより、費用を抑えたローコスト住宅を作ることができるのです。
また、費用を抑えるだけでなく、耐震性を強化したい場合などは、建築資材のグレードを挙げることにより、より耐震強度のある住宅を建築することが出来ます。

注文住宅には、建設途中の工程を見ることができるので、住宅の安全性を目で見て確認することが出来ます。
これは大きなメリットで、建売の住宅を購入する際には、住宅性能表示と呼ばれるものを見ることでしか、住宅の性能を確認することが出来ません。
住宅性能表示も第三者機関がチェックしたものなので、信頼性は高いですが、自分の目で確認することでさらなる安心を得ることができるのです。

注文住宅を建てる際に費用を抑えて作った住宅をローコスト住宅と言います。
ローコスト住宅に明確な定義はありませんが、一般的に言われているのが、坪単価20万~50万の間で作られた住宅のことを指していると言われています。
ローコスト住宅を建てる際に一番大切な事は、安い建築資材を使えばいいというものではなく、建築費用を抑えた上で住宅のグレードを維持するために工夫をするという点です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031